3.紀伊姫

【紀伊姫】

東牟婁郡串本町姫(ひがしむろうぐん くしもとちょう ひめ)。主宰垣本の親戚の裏山が避難所になってるとのことで見せてもらいました。

今回の目的の1つである避難場所を実際に見ることの初回。「垣本裏山 避難所」と書かれた看板。その横の階段を上がります。

海抜18m…道は折れて続いて…海抜23m。その地点で行き止まりでした。特別ひらけた場所があるわけでもなく、行き止まり。できるだけ高くと、23mの立て札の周りに避難する人は集まるのでしょう。

勝浦でみた避難所よりも高いのか、どうなのか。一体、何人の人がここに避難するんだろうか。役者同士がおもいおもいに、いつかくるその日を想像しました。

竹やぶの間からは海が見えます。海抜23m。これがどのくらいの高さなのか。安心なのかどうなのかそれは誰にもわかりません。

各所の避難路を巡りながら、ここからだと海が見えないね、この段差はどう乗り越えるんだろうなど、実際の使用想定について話しました。

草が覆い茂っているところもあり、実際の管理は誰がするんだろう、なぜこのようなところが避難所に選ばれたのだろうと思っていましたが、役場の方に聞いたところ避難所は地元の人が自ら選んで決めたとのことでした。


なるほど。自分たちで決めることで、防災の当事者意識も高まる。基本なのかもしれませんが、至極大切なことだと感じました。

避難路を巡り歩いていると現れたのがどこかおしゃれな雰囲気のある建物。

実はこれ、廃校になった小学校なのです。ちゃんと門には「養春小学校」の名前が。中は、おしゃれな洋菓子屋さん「セ・ラ・セゾン」!オーナーが串本の方だそうでかねてより地元にお店を出したかったとのこと。

地元のフルーツを使った商品を生産地から発信し、笑顔の集う場にしたいという想いでできたお店のお菓子はどれも本当に美味しそうで…あまりの素敵お菓子に役者陣も我慢できずに、美味しく頂きました☆

皆様、串本町は姫にお立ち寄りの際はぜひご賞味あれ!

(宮城)

4.本州最南端!潮岬へ
目次に戻る